ITものつくり学科2年課程

情報処理コース

ITものつくり学科 情報処理コース

デジタル化していく企業内で、データ活用や業務の効率化を実践できる
ビジネス系ITスペシャリストを育成します。

情報処理コースでは、日々進化するオフィス環境にITを取り入れて有効活用するため、国家試験である基本情報技術者試験・ITパスポート試験の合格を目指すとともに、クラウド活用やデータ活用、RPA活用、コンピュータによる会計実務について学びます。

POINT

  1. POINT1

    「ITに強い」が就職活動の武器になる!

    企業での従来業務がデジタル化していく中、ITに関する専門知識を持つことで活躍の場が増え、職業選択の幅が拡がります。

  2. POINT2

    社会が求める「データ利活用スキル」の習得

    ビッグデータ時代の今、必要とされているデータ収集・整理・活用技術を、クラウドやRPAを用いて実践的に身につけます。

  3. POINT3

    PC実務演習で即戦力となる技術を身につける

    表計算、文書作成、コンピュータ会計、インターネットを介したビジネスコミュニケーションなど、演習を通して学びます。

特徴的な授業

コンピュータ会計
多くの企業で採用されている会計ソフトを用いて、日常的な経理事務から財務諸表の作成までコンピュータを使った効率的な会計処理を学習します。

ICTビジネス
クラウドサービスやソーシャルメディアの活用について、企業の実際の事例を元にしたケーススタディ形式の演習で、仕組みと活用方法について学習します。

  • IT基礎知識
  • プログラミングⅠ・Ⅱ
  • AI活用
  • データ処理
  • 表計算
  • ビジネス文書
  • ビジネスマナー
  • 業界研究
  • 企業実習
  • 卒業研究 他
  • 取得を目指す資格

    • 基本情報技術者試験(国家試験)
    • ITパスポート試験(国家試験)
    • 電子会計実務検定
    • 3次元・2次元CAD利用技術者試験
    • MOS(Microsoft Office Specialist)
    • サービス接遇実務検定
  • 卒業後の職業

    • 総合職(企画・セールス)
    • パソコン事務・経理・会計
    • 顧客管理スタッフ
    • セールスマネージャー
    • 販売サービス
    • 営業
    • PCインストラクター
    • オペレータ
    • プログラマー

ページの上へ