HOME > 医療情報学科 > 学びのポイント

医療情報学科
学びのポイント

STUDY POINT

じっくり学んでから、コースを選択!
病院実習を体験して、進路を決定!!

1年次 共通カリキュラム含む

  • 医療の現場ではICT化が進んでいます。電子カルテや医療コンピュータ操作などを習得し、病歴などの情報管理ができる知識と技術を習得します。

  • 医療事務として働くための専門知識を学び、資格取得を目指します。

  • 接遇の基本である受付での応対から医師や患者さんとのコミュニケーションまで、現場での仕事に必要な、秘書や接遇の技能を身につけます。

SELECT! コース選択

各コース共通 病院実習Ⅰ(約2週間)

  • 受付業務について学びます。

  • コミュニケーション能力を身につけます。

  • 学内オリエンテーションでは、実習の心構え、身だしなみ、ルールについて確認します。

TISTの病院実習は、自分で実習先を探すところからスタートします。自分で調べ、先輩からのアドバイスを参考に、実習先を選んでいきます。県内の医療機関には、数多くの卒業生が勤務しており、卒業生から直接、実習指導を受けるケースも増えています。

2年次

  • 医療秘書コース

    診療録や各種診断書・証明書・処方せん等の医療文書作成業務、医師事務作業補助職として必要な基礎的知識・技能を学びます。

  • 医療情報コース

    医療事務の知識、カルテ及び診療伝票を基に医事コンピュータを用いてレセプト作成する技術を学びます。

  • 診療情報コース

    疾病分類の基本体系や成り立ちを実践的に学び、実務で役立つ基本を身に付け、専攻科へとつなげます。

病院実習Ⅱ(約2週間)

  • 会計業務について学びます。

  • 医療事務の業務について学びます。

  • 診療介助について学びます。

  • カルテ管理について学びます。

診療情報管理専攻科

診療情報コース卒業後、診療情報管理専攻科へ進学できます。 ▼

診療情報管理専攻科

病院実習Ⅲ(約2週間)

病歴管理室での業務を通して診療情報管理士の役割を学びます。

先輩からの一言

  • 医療秘書コース卒業

    坂入 愛理さん (下妻第二高等学校出身)

    日本赤十字社
    古河赤十字病院勤務

    「就職率100%」私がTISTを選んだ決め手はそこにありました。就職活動を行う中で先生方には書類作成から面接練習に至るまで、手厚くサポートをしていただきました。私達の代でも100%を達成することができ、先生や友人と喜びを分かち合いました。「就職率100%」の文字だけでは伝えきれない魅力がTISTにはあります。病院実習の充実、医療機関との連携、そして何より信頼できる先生方がTISTの魅力です。

  • 診療情報管理コース 卒業

    糸賀 大貴さん (霞ヶ浦高等学校出身)

    社会福祉法人恩賜財団済生会
    龍ケ崎済生会病院勤務

    TISTの魅力は学生一人一人に対して先生方がしっかりと向き合ってくれることです。資格試験に向けた対策が充実しているだけでなく、先生方の全力投球な指導のおかげで私はいくつもの資格試験に合格することができました。先生からはよく「分からない事を分からないままで終わらせてはいけない」という言葉をいただき、苦手な問題にも向き合うようになりました。学校生活の中で先生方は常に私たちの進む道を照らしてくれました。

成績優秀者が「日本医療教育財団・医療秘書教育全国協議会」より表彰されました!

  • 医療秘書教育全国協議会 成績優秀賞(医療秘書)
    石井 真奈美さん (牛久高等学校出身)

    2級では悔しくも成績優秀賞を逃しましたが、今回準1級で受賞することができ、驚きと嬉しさでいっぱいです。検定試験に向けて過去問題を何度も解き直しました。自分の苦手な部分が判明し、弱点克服に重点を置き勉強しました。検定試験当日は、自身の回答に自信をもって答えることができました。合格のために努力したことは今後にも繋がっていくと思っています。

  • 医療秘書教育全国協議会 会長賞(医事コンピュータ)
    山﨑 菜生さん (土浦第三高校出身)

    前回の級よりも試験の難易度が格段に上がっており、勉強をしていく中で学科問題が苦手であると判明しました。問題の取捨選択を意識し、自分なりの解き方を確立することで正答率が上がり合格に繋がったと思っています。今回、会長賞を受賞することができ、今までの努力が実ったと自信になりました。今後も得た知識を活かし精進していきたいと思います。

  • 医療秘書教育全国協議会 会長賞(医療秘書)
    田上 愛佳さん (東洋大学付属牛久高校出身)

    今回、会長賞を受賞することができ、大変光栄です。私は学科問題が苦手でしたので、過去問題を繰り返し解き、自分なりの勉強方法を見つけることで、弱点克服に務めました。また、対策授業に積極的に参加し、最後まで諦めずに勉強に励んだことが一番合格に繋がったのだと感じます。今回得た経験や知識を、就職先で活かせるよう、今後も精進していきたいと思います。

  • 医療事務の最難関資格と言われる診療報酬請求事務能力認定試験クラス一丸となり合格率93%と大健闘!

  • 1年生全員が医療事務技能審査試験を一発突破!今年も合格率100%を達成しました!

  • 診療情報管理士認定証授与式にて。 診療情報管理士としての新たなスタートです。

  • 今年も医療事務技能審査試験において、全国238の受験校の中から、特に優秀な上位20校として「教育優秀校」に表彰されました!

  • 秘書技能検定において多くの合格者を輩出した実績が認められ、公益財団法人実務検定協会から「団体優秀賞」が授与されました。

病院実習プログラム

医療情報学科では、病院、クリニック、調剤薬局での実習を実施しています。
実習前に、医療や情報、秘書の知識・技能をしっかり学んでおくことで、現場でより多くの知識を吸収することができ、進路決定に大いに役立ちます。

病院実習医療機関について

  • [県北地区]

    嶋崎病院、聖麗メモリアル病院、日立総合病院、ブレインピア南太田、大曽根内科小児科、高村外科医院

  • [県央地区]

    水戸医療センター、小沢眼科内科病院、水府病院、北水会記念病院、水戸済生会総合病院、水戸赤十字病院、水戸中央病院、水戸ブレインハートセンター、あかつか慶友クリニック、大場内科クリニック、ひたちなか総合病院、勝田皮膚科クリニック、アイン薬局友部鯉渕店、ひまわり薬局泉店、大洗海岸病院

  • [鹿行地区]

    なめがた地域医療センター、小山記念病院、白十字総合病院、たきもとクリニック、フダ調剤薬局、つばさクリニック

  • [県南地区]

    総合病院土浦協同病院、石岡市医師会病院、石岡第一病院、山王台病院、石岡ひかりクリニック、長尾眼科、桧山医院、アイン薬局石岡店、石岡循環器科脳神経外科病院、小美玉市医療センター、寺山皮膚科・形成外科、筑波メディカルセンター病院、筑波記念病院、筑波学園病院、筑波病院、いけがみ皮膚科、岡野整形外科内科クリニック、菊池内科クリニック、木村クリニック、研究学園クリニック、さくま皮フ科クリニック、清宮眼科皮膚科、つくば学園クリニック、つくばシティア内科クリニック、学園の森キッズクリニック、中川医院、のぼり眼科クリニック、根本クリニック、曽根歯科医院、おにがくぼ薬局、つくば並木薬局、みどり薬局大穂店、県南病院、野上病院、あおき内科クリニック、あくつ整形外科・内科、尾﨏眼科クリニック、大塚クリニック、おおつ野こどもクリニック、木戸医院、さくら内科クリニック、田谷医院、ののやま眼科、ひろたこどもクリニック、鈴木歯科、アスカ薬局土浦店、三輪眼科、ゆはらクリニック、美浦中央病院、みほクリニック、あみ小林クリニック、さかえ医院、宮崎こどもクリニック、ファミリー歯科、アスカ薬局島津店、牛久愛和総合病院、つくばセントラル病院、椎名産婦人科、高野耳鼻咽喉科クリニック、なかの循環器クリニック、ひたち野内科クリニック、牛尾病院、龍ケ崎済生会病院、松本クリニック、中村クリニック、さくらクリニック、アイン薬局佐貫店、げんき調剤薬局さくら店、いちはら病院、筑波中央病院、東取手病院、神立病院、あみ眼科クリニック、石岡セントラル薬局、取手北相馬保健医療センター医師会病院

  • [県西地区]

    古河総合病院、山王病院、協和中央病院、結城病院、湖南病院・とき田クリニック、砂沼湖畔クリニック、茨城西南医療センター病院、古河赤十字病院、八千代病院、木根淵外科胃腸科病院、ホスピタル坂東、石塚医院、きぬ医師会病院、水海道厚生病院、水海道西部病院、総合守谷第一病院、守谷慶友病院、いとう眼科、守谷調剤薬局、守谷ふれあい薬局、ありま皮膚科クリニック、みらい平こどもクリニック

  • [県外]

    日本医科大学千葉北総病院(千葉県)、辻仲病院柏の葉(千葉県)、柏たなか病院(千葉県)、平和台病院(千葉県)、我孫子聖仁会病院(千葉県)、小張総合病院(千葉県)、三井記念病院(東京都)他機関

  • ※ここに掲載されているのは、過去に実習を行った主な医療機関です。
    ※実習は一覧以外の医療機関で実施することも可能です。

ページの上へ