TIST つくば研究学園専門学校

医療情報学科

2年課程

医療秘書コース

質の高い接遇マナーと医療の知識を兼ね備えた「病院の顔」として活躍します。

医療秘書に関する知識から、接遇や医師の事務サポートに至るまで、
病院全般の事務の基本を学びあらゆる場面で活躍できる人材を育成します。

医療秘書コースでは、医療事務の知識に加えて、医療秘書実務や医師の事務サポートの技術について詳しく学ぶことで、患者さんの求めに応じた質の高いトータルサポートが可能となります。また、このコースで何よりも大切にしたいのは“人間らしさ”を持った人材の育成です。
患者さんと接する上で最も重要なことのひとつである接遇マナーをしっかりと身につけることで、大きく活躍の場を広げます。

POINT

患者さんの要望に心を込めた応対ができ、患者さんと最も近い医療スタッフ
として病院のことを幅広く知る「医療のトータルサポーター」を目指します。

  1. 医師の事務サポートができる専門職へ

    医療現場では医師の事務的業務を医師に代わって行う「医師事務作業補助者」が活躍しています。専門職としてのスキルから秘書としての役割までを担うことで仕事へのやりがいを見出すことができます。

  2. 医師事務作業補助技能認定試験
    100%合格を目指した資格取得サポート

    現在の医療業界において重要な職種として注目を集める「医師事務作業補助者」。
    診断書作成からカルテの代行入力まで、医師事務作業補助者としての技能習得をしっかりとバックアップします。

  3. 「人」と「人」を結ぶ

    受付での応対から診察室での医師の事務サポートまで、しっかりと対応できるコミュニケーション能力を身につけます。「人」と「人」とをつなぐ心を育てていきます。

  • 取得を目指す資格

    • 医師事務作業補助技能認定試験
    • 医療秘書技能検定試験
    • 電子カルテ実技検定試験
    • 診療報酬請求事務能力認定試験
    • 医事コンピュータ技能検定試験
    • 秘書技能検定試験
  • 卒業後の職業

    • 医師事務作業補助者
    • 病棟クラーク・外来クラーク
    • 医療事務(病院・診療所・調剤薬局)
    • 歯科助手
    • 医療関連企業 他

秘書技能検定「団体優秀賞」連続受賞!!

秘書技能検定において多くの合格者を輩出した、TISTの教育の実績が認められ、公益財団法人実務技能検定協会より「団体優秀賞」が授与されました。

主なカリキュラム

主なカリキュラム

CURRICULUM

  • 医師事務作業補助

    医師が行っている診断書などの文書作成、処方せん作成、検査予約などを、医師の指示のもとで、医師に代わって行う知識・技能を学びます。

    医療秘書

    患者さんに対する接遇マナー、医師等のスケジュール管理、ファイリング、医学の知識、医療秘書として必要な知識と技能について学びます。

    電子カルテ

    診療情報を電子化して記録・参照する技術をカルテ処理の実技を通して学びます。

    保険請求事務

    患者さんに対する診療費の計算方法、医療機関においての法律や規則、医療保険、公費負担医療制度の概要を学びます。

    医事コンピュータ

    医事会計システムなど医療事務に必要なコンピュータの知識を、多くの症例を用い、レセプト作成の実技を通して学びます。

    秘書実務

    病院の顔としての態度・振る舞い・話し方など、患者さんのニーズに対応できる基本的職業能力を習得します。
    さらに組織の成り立ちについて学びます。

    病院管理論

    医学の歴史、医療機関の機能・医療安全・運営方法など病院管理の基礎を学びます。

    病院実習

    受付業務や会計窓口、カルテ管理、病棟クラークなど医事課の業務を学びます。

ページの上へ