メニューを開く

就職実績産学協同・サポート体制

就職に強い理由 その(1)産学協同で誕生

産学協同とは?

TIST の最大の特色は、

  • 広いキャンパスの中での学園生活
  • 適性発見ときめ細かい指導
  • 様々な分野での資格取得
  • 情報技術を基盤とする専門基礎教育
  • 新しい産業社会に応える専門教育
  • 個性尊重の就職指導と高い就職率
  • インターンシップ制による現場体験学習など

であり、TIST では、常に産業界の動向、特に「如何なる人材を求めているか」に焦点を当てた企画を続け、資格取得という実践教育のみではなく独自の理念に基づく教育システムを開発し実施しています。

就職に強い理由 その(2)万全のサポート体制

「クラス担任」・「分野教員」・「就職相談室」の強力な就職支援体制が“君の夢の実現”をサポートします。
きめ細やかなフォローで、驚きの就職実績をマークしています。

担任と進路指導部とが連携し、学生を強力バックアップ

就職活動は単なる勤め先を見つけるための作業ではありません。自分の専門分野のスキルを活かし可能性を広げる大きなチャンスです。
TISTではみなさんの就職活動を「クラス担任」と「進路情報室」とが連携して強力に支援していきます。

内定獲得へ向けた万全の支援体制
1. 実力養成から就職支援をスタート

就職活動は企業に直接働きかけるずっと前からはじまっています。まずは、授業や実習をとおして、企業が求める実力を身につけることが大切です。卒業年度に取り組む「卒業研究」について面接試験で説明して合格を掴み取った先輩も数多くいます。TISTでは、学生生活そのものが就職活動につながる、という視点で学生のサポートを進めています。

2. ガイダンスやオリジナルの「PLACEMENT GUIDE」が羅針盤

就職活動の行い方は学科によって様々です。TISTでは、皆さんが専門分野を活かせる企業に勤めるためにどうしたらいいか、ガイダンスで具体的に説明をします。またTISTオリジナルの「PLACEMENT GUIDE」が活動計画を立てるためのテキストとなります。TISTはこれまでに培われた就職支援のノウハウのすべてを学生のみなさんに提供できるよう、環境づくりをしています。

3. 面接で適性や活動方法について一人ひとりにアドバイス

TISTでは年間を通じて随時、三者面談や個人面談を行います。これは人生の岐路である「就職」という重大事について、一人一人と向き合って考えたいからです。就職活動にあたっては、全体として真剣に取り組むという環境づくりをしたうえで、あくまで「個」を大切にした支援を展開する-これがTISTの就職サポートの大きな特徴です。

4. 書類作成から面接の受け方まで親身にサポート

就職活動は学習の成果を試すだけのものではありません。就職活動をすることによって、精神的に成長する学生もたくさんいます。ですから、TISTは学生の希望する職種に合った求人情報を提供するだけにとどまらず、履歴書の書き方や面接試験の際の注意点にいたるまで、きめ細かなアドバイスを行います。入学から就職までの大きな流れの中で社会人としての基礎をしっかり固めるお手伝いをTISTは実践しています。

就職に強い理由 その(3)就職対策イベント

就職活動を支える多くのイベント

オリエンテーション

入学時から、将来の就職へ向けた学習目標や資格取得計画の立案についてアドバイスします。

就職ガイダンス

就職活動に向けた心がまえ、活動スケジュールなど、これから始まる就職活動全般について知る機会です。

職業適性診断

どういう職業に興味を持ち、どういう分野ならやっていく自信があるか、など「職業と自分」について考える材料が提供されます。

保護者対象就職相談会

保護者に就職活動の流れが説明されます。これにより家庭と学校が一体となって学生の就職を支援する体制を整えていきます。

健康診断

この結果は、就職活動に必要な書類の一つである「健康診断書」に使われます。これにより就職活動の物理的な準備が整うことを確認します。

求職票提出

就職先斡旋のための書類として、学生全員に求職票を作成させます。自分の履歴・資格取得状況を確認し、今後の目標を決定する機会とします。

各種合同企業説明会参加へのアドバイス

ハローワーク主催、各新聞社主催等、年間数回行われます。本校の教員もアドバイスのために出席します。

進路関連三者面談

保護者との意見調整をサポートします。

本校主催合同企業説明会
卒業生による就職体験談

同じ分野を卒業した先輩の就職活動体験談、職場体験談を聞き、就職活動に対しより具体的なイメージが持てるようにします。

就職先が未内定の学生については個別に就職希望先の再確認と改善点の発見をアドバイスします。

このページのトップへ