メニューを開く

自動車整備工学科車体整備士コース【3年課程】

最初の2年間で二級自動車整備士の資格を取得 次の1年で「板金・塗装」の技術を身につけて、
整備士として幅広いスキルアップが図れる車体整備士コース。

自動車整備の技術だけでは物足りない・・・そんな学生には車体整備技術へのチャレンジを奨めています。自動車が信じられないくらい高度なテクノロジーで動く時代になったとしても、車体整備技術を必要としない時代は来ることはありません。
このコースは、自動車整備の基礎を2年間学んだ後に、じっくり1年をかけて「板金・塗装」の基礎を学びます。時代の変化と共に「板金・塗装」のユーザーニーズも幅広くなっています。これらに対応できる「職人」への第一歩が車体整備士コースです。

デザイン学科とのコラボレーション

CADやCGの技術を勉強して、カスタマイズに挑戦。オリジナルのボディーパーツの製作も行います。色彩感を養う授業もあります。

東京オートサロン出展車両製作

培った技術の集大成として東京オートサロンに出展する車両を製作します。在学中の最高の思い出になることは間違いありません。

環境への配慮も忘れません

板金・塗装技術の変革に対応できる最先端の整備機材を配備。環境や近隣家屋への配慮もしっかり考えています。
(写真は水性塗装ブース)

このページのトップへ