メニューを開く

自動車整備工学科/車体整備士コースカリキュラム・資格

主なカリキュラムCurriCulum

車わく及び車体の整備・作業 小さな凹みの修正からパネル交換、フレーム修正まで板金に必要な技術を学科・実技の両面から学んでいきます。
軽補修技術 今人気の短時間・低料金で修理ができる軽補修の技術を学びます。小さい凹みを塗装せずに裏側から押し出して修復するデントリペア技術も習得します。
塗装技術 最先端の塗装技術を学びます。顔料の性質、塗装のコツを学科・実技の両面で実証しながら身につけていきます。
自動車のデザイン学(CAD・CG) 自動車に関する構造力学や流体力学を学び、その知識を活かしてボディーデザインを考案します。
板金・塗装の見積り 整備現場では、正確な板金・塗装の見積りが要求されます。実習車両に様々な損傷状態を設定しながら学びます。
色彩 理論に裏付けられた色彩の実践的活用能力を身につけ、塗装技術に反映させる授業です。

取得を目指す資格Licenses

  • ●自動車車体整備士
  • ●二級ガソリン自動車整備士
  • ●二級ジーゼル自動車整備士
  • ●二級自動車シャシ整備士
  • ●二級二輪自動車整備士
  • ●有機溶剤作業主任者
  • ●色彩検定 他
  • ※自動車車体整備士資格とは、事故で損傷した車の修理技術者として知識・技術共に、一定基準以上であると認められた人に与えられる国家資格です。これからの時代、板金塗装修理に従事する際に必須となる資格です。

このページのトップへ