メニューを開く

医療情報学科医療情報コース【2年課程】

質の高い接遇マナーと医療の知識を兼ね備えた「病院の顔」として活躍します。 医療事務の知識に加え、電子カルテや医事コンピュータの操作、
情報処理能力などを専門的に学び、医療情報に対応できる人材を育成します。

医療情報コースでは、医療事務に関する専門知識と医療データの情報処理能力を兼ね備えた医療スタッフを目指します。必修カリキュラムによる医事コンピュータや電子カルテの技術習得を柱に、医療情報システムに強い人材を育成します。
また、県内全域の医療機関で活躍している卒業生が多数いるTISTでは受け入れ病院と学校、卒業生の連携により、安心して学ぶことができます。

急速に進むICT化に対応目指すのは即戦力となる医療スタッフ

医療事務の仕事に必要な医事コンピュータや電子カルテの操作技能はもちろん、病院情報システムや地域医療情報システムなどの医療のICT化に対応できる人材を育成します。

目指すは現場で役立つ資格! 全員合格までの完全サポート

医療機関で働く上で欠かせない「医事コンピュータ技能検定試験」、「診療報酬請求事務能力認定試験」などの主要資格取得を目指します。あきらめない!この気持ちがあれば大丈夫。放課後の対策授業などで疑問点を解決し、理解へとつなげていきます。

実習を通して自分の適正を確認、高い就職率

自分の適性を再確認できるのが、現場での病院実習。これまで学んできたことが実際の医療現場でどう活かされているのかを実践的に体感することで将来のビジョンが描きやすくなります。実習先選びから就職まで「なりたい」をサポートします。

このページのトップへ