メニューを開く

ものつくり学科/電子機械コースカリキュラム・資格

主なカリキュラムCurriCulum

電子機械工作 身近な電気や機械の工作、簡単なアプリも制作する授業です。楽しみながら自分の興味や適性を考え、これから学ぶコースや専攻を決めることができます。
CAD利用技術 機械製図の基礎や手書きの図面作成から学びはじめ、2次元・3次元CADの操作方法と作図テクニックについても学びます。目標資格は「CAD利用技術者試験2級」です。
造形工作Ⅰ・Ⅱ 工具箱やライントレースカーのシャーシ製作などを通して木材、アルミニウム、アクリル素材の機械加工と手仕上げの基本スキルを身につけます。
シーケンス制御Ⅰ・Ⅱ エレベータや信号機、ベルトコンベアーなどを自動運転するためのシーケンス制御技術について、リレーシーケンスやシーケンサ(PLC)を使い実習中心で学びます。
選択科目
・NCプログラミングⅠ・Ⅱ
・制御プログラミングⅠ・Ⅱ
NCプログラミングⅠ・Ⅱ
【メカトロニクス専攻】多くの工場に導入されている工作機械を自動化し、正確に動作させるために必要なNC(数値制御)プログラミングについて、フライス盤や旋盤による加工品の「形状」や「手順」など、実習を通して学びます。

制御プログラミングⅠ・Ⅱ
【電子制御専攻】C言語によるプログラミングを中心に、マイクロコンピュータを利用してものを制御するためのハードウェアとソフトウェアの技術を学びます。目標資格は「基本情報技術者試験」です。
ものつくり演習 CAD・CAMソフト、NC工作機械や汎用工作機械、3Dプリンタなどを活用し、部品やロボットなどの、「設計」、「部品加工」、「組立作業」などの一連の作業を経験し、実践力を身に付けます。
総合実践演習Ⅰ・Ⅱ 各コースの学生がメカ(機械)・ソフト(制御プログラム)・ハード(電子回路)の3つの役割を分担し、1台のロボットを仕上げながら、ものつくりの流れを身につけます。

取得を目指す資格Licenses

  • ●3次元CAD利用技術者試験
  • ●2次元CAD利用技術者試験
  • ●ITパスポート試験(国家試験)
  • ●基本情報技術者試験(国家試験)
  • ●電気機器組立て技能検定(シーケンス制御作業)
  • ●ガス溶接技能講習
  • ●アーク溶接特別教育講習
  • ●ビジネス能力検定2級

このページのトップへ